書類(見積書/概要書面/契約書)を作成後、内容の修正や書面の削除をしたい。

けいやくんは、書面の改変による法令違反のリスクを防ぐため、編集機能がありません。また、削除することもできません。

けいやくんで作成した全ての書面を保管することで、改ざん・紛失のない、高い監査性を誇るシステムになっています。

内容を変更する場合、変更後の内容を記載した新しい書面を作成してください。

この時、クーリングオフの有効期限などについては、以下のように解釈されます。


当事者の合意により契約内容を変更する場合の法律の適用についてはその実質に着目して判断することになります。すなわち、新たな契約が締結されたと考えられる場合には、新契約について法律の要件に該当するか判断し、該当する場合には新たに書面交付等を行い、新書面交付の時点を起算点としてクーリング・オフをすることができることになります。他方、契約内容の変更にとどまる場合には、その時点で改めてクーリング・オフをすることはできませんが、変更後の内容について書面で明確にする必要があると考えられます。

出典:特定継続的役務提供Q&A|特定商取引法ガイド(Q5)

http://www.no-trouble.go.jp/qa/continuousservices.html


けいやくんでは、内容変更の場合、以下の手順を推奨します。

  1. 元の契約書面を解約する(適切な解約理由を選択し手数料を0円にする等、コース組み換えに相応しい内容を設定する) 
  2. 元の契約書面をコピーして新たな契約書を作成する
  3. 新たな書面の「特約」に、元契約の内容変更であることを明記する

なお、書面の「コピー」機能を使うことで、編集と変わらない手軽さで新しい書面を作成することができますのでぜひご活用ください。