ミス防止のため、書面の種類ごとに販売できるマスタ(役務や商品等)を制御したい。

マスタごとに対象書面(種類の契約の際の書面発行時に選択できるようにするか)を設定できます。

例えば、商品Aは商品販売契約の際だけに販売したいのでその他の契約の際には間違えて選択しないようそもそも表示させたくない、商品Bは特定継続的役務提供の契約の際のみに販売する商品なのでその他の契約の際には表示させたくない、という場合、あらかじめマスタに設定いただくと便利です。


設定>マスタの対象のマスタ設定画面「対象書面」のチェックボックスで設定できます。